猜疑的なミカタ

何気ない日常をもう一度見つめ直す日記

大企業がそんなに良いのか?

やはり人間って生き物は自慢したがる性である。ここ最近で一番実感したのは就職活動。大企業や有名企業関連会社に内々定決まった一部の人間は、言い方は悪いがエリートとしてのこれからの華々しいキャリアを吹聴して回っている印象がある。

f:id:m-h-athene:20161029023925j:plain

大企業に対する憧れ

大方、大企業は高給取りや充実した福利厚生、ボーナス諸々のメリットが多くあるから就職できれば勝ち組。中小企業やベンチャーなんて洟にもかけないと考えている人は就職活動を通じて多いと感じる。確かに安定はしている。余程のことが無い限りリストラされる事は無いだろうし課長までは順調に昇格は出来るはず。

 

しかし安定を求める仕事は非常に窮屈にも思える。

 

 

大企業特有の構図とも言うべきか、どれだけ上に上がっていっても自分の首に手をかける存在がいる様にしか考えられない。いくら財閥企業の常務などになっても社長に嫌われれば即クビ(ちょっとオーバーな言い方かもしれないがただでは済まないだろう)

上司が駄目と言えば子分である部下はYESしか言えない(例え自分が正しくても)のは、まあ自分の性格には合わない。ともかく大企業なりの処世術は皆目わからない。

信用できるパートナーはごく一部

 

アルバイトで私の所属する教室はまだ開校1年半でようやく軌道に乗ったばかり。だが最近感じるのは講師のパフォーマンスが落ちたなという悲しさや哀愁。

開校して4か月後に配属になったが当時の講師は私を含めてたった5人。それで生徒を20人ほど回していたのでほぼ毎日教室に居た。さすがに自分の予定等もあったので代行を依頼したり、ワークシェアをして負担を軽減するなど講師間ではある種の信頼関係は確立していたと考察する。

それが今や講師は20人弱。恒常的に接する講師は2人ほど。正直顔は合わせたことがあるが殆ど話さない、まして一緒に食事をした事も無い後輩が多く信頼に至るなんて事はまあ少ない。

 

大企業も同じでは?何十万人の社員と信頼関係を築く事は到底不可能であるし、同じ部署でも自分が与するグループや敵対する派閥も出来るだろうし、背中を預ける事が出来る信頼できる同僚は多くて10人位ではなかろうか?

それに大企業の仕事や権限は細分化され、所謂会社の歯車になる事を要求されている。それに自分が退職してそのポストが空いたとしてもすぐに別の誰かで補充され何事もなかったかの様に。

プレッシャーとやりがいが欲しい

こんな見出しを付けると社畜の鑑とか自殺願望者と思われるかも。ただ少人数で高パフォーマンスを要求される職場環境は魅力的。多分今の自分は誰かから必要とされる事が皆無だから。(マズローの欲求5段階説における尊厳欲求(承認欲求)とか、上から2つ目の欲求だが学生は実現しにくいと思う)自分が居なければ会社の存続が危ぶまれるとか、大規模プロジェクトに参画出来るなんてなったら願ったり叶ったり。

寧ろベンチャーの方が処世術が明確な気がするし。まだ学生だから世間知らずって思われても構わないから今の内に書き留めておく。

 

長文失礼しました。ここで筆を擱かせていただきます。

 

受験に負けないで

さてセンター試験まで58日、公立入試まで100数日。入試直前になると講師は大変です。大変というのは2点。入試の傾向を理解して短時間で知識を生徒に叩き込む事生徒のモチベーションを維持する事だが...

 

案の定今日は失敗。強く言い過ぎて生徒を泣かせてしまった(´;ω;`)…

これは講師である私の慢心でしかないのは承知している。(学校での不安、ご家庭での期待のプレッシャーを理解しないで重圧をかけてしまった)

そこで今回は今のシーズンでの心構え的なものを述べようかと。

落ちる事を考えたらアウト

スポーツを経験したことがある人は聞いたことがあるだろうイメージトレーニングは非常に有効。模試や過去問題集を繰り返し受けてきた生徒も多いとは思うが、これはイメトレそのもの。問題形式は極端に変化はしないので、ペースや時間配分、正答率や記述量を体に教える事ができるもので同じ問題を期待するのではない。だがこれは諸刃の剣、失敗する事を考え続けていれば当然良くない結果が顕現する。

完璧を実現する事が不可能

志望校の学校の合格最低点は目にしたことがあるはず。それはトップ校であってもせいぜい7,8割程度。どれだけ優秀な人でも出来ない問題があるのは当たり前。テストを受ける際に出来ない問題があってもそれは解けないと割り切って次の問題に着手するべき。

そもそもまだ学校の授業は残っており、受験の範囲は完全に終わっていないはず。だから今までの復習これから学ぶ内容の両方が必要で、冷静に考えると短時間では終わらない

受験の不安は勉強しかない

こういう時はポジティブに考える。あと〇日しかないではなくもう〇日すれば解放されるとか。それに受験は人生の登竜門。誰もが通るイベントだし受験を選んだのも自分。結果はどうであれまず勉強する事、不安は今まで勉強してきたから起こるものだから心配しない。

 

全然アドバイスにはなっていない(´;ω;`)かもですが、まずはペンを動かして受験について考えない事ですね。

 

長文失礼しました。ここで筆を擱かせていただきます。

 

 

 

少し早いが2016年のトレード・相場を振り返る。

相場の世界で「申酉騒ぐ」とある。騒ぐとあるが株価の値動き・変化が激しい事を指す。24年前(1992年)の申年ではバブル崩壊による景気後退と大企業の不祥事など大きな出来事が原因で下落基調。

 

www.nomura.co.jp

 

2016年も残り1か月とちょっとだが振り返ってみる。

海外のイベントが目立った?

f:id:m-h-athene:20161114005455p:plain

url:日経平均株価【998407】:国内指数 - Yahoo!ファイナンス

結論から言うと、騒いだという印象は無かった。上記のチャート(日経平均)からも分かる様に15000円から18000円弱をウロウロしているし、相場のアノマリー(根拠は特にないがそう動く傾向の事)通りといった所。

 

加えて株価が急落するイベントはハッキリと予測できたのは大きかった。私の言うイベントはイギリスEU離脱ショックトランプショックである。だがイギリスのEU離脱(6月23日)も大統領選(11月8日)も海外投資家らが安全資産の円を買う事は明らかに予測できた。(不透明かつ予測できない相場の世界でこうもくっきり推測できるのは珍しい)

もっとも自分が考えていた方向とは真逆の事が起こったのはある意味ショック。イギリスのEU残留ヒラリー・クリントンの当選も普通に考えて起こると考えていたが...

 

アベノミクスはどうなったん(・・?

芳しくない決算発表

第2四半期の決算報告を見ると、製造業は減収減益が目立った感じ。円高と新興国の不振によるものか?対して非製造業はそこそこ。

残りの時間は乗り切れる?

トランプ氏の政策も市場は肯定的に捉えているように思える。円安の傾向が続いていけば特に製造業にとって業績改善の追い風になり、日本株は順調にいけば年末を上昇トレンドで切り抜けるかもしれない。

 

長文失礼しました。ここで筆を擱かせていただきます。

 

 

 

 

学生・社会人に問う、学歴ってそんなに大事なの?

私事で恐縮ですが、自分の学歴について彼是言われたので愚痴を言いたい。

(人名は出していないから問題は無いでしょうが...)

ただ、愚痴だけ言ってもしょうがないので記事を読んでいる学生に対してもメッセージを書きたい。

そもそも

簡略に話すとこうだ。

入塾したい生徒の保護者(女性)が「アンタ大学生なの?」と聞いてきて肯定した返事をしたら...

「どこの大学?〇〇大学?へぇ~大した事ないわね」

 

私も流石に頭に来ていたが、大人ですので我慢して堪えた。勿論、

塾講師をやっているため自分の学歴について触れられる機会が多いのは承知している。学歴が良い方が教え方が上手と捉えるのも分かる(私だってこう考えるフシがある)

 

内心自分で教えれば?と思っていたので、「お子様の指導は親御さんでなさる方が為になりますよ?」と(皮肉って)進言したが...

「私は出来ないですもの、だから塾に来たんです」

 

どうしてこうも偉そうなの...

ヤフーでも学歴を取り上げる

意識調査の中でもこの調査はかなり上位にあった。

学歴を意識するという質問に対して答えるものであるが、大変ナンセンスなものにしか感じない。そもそも成果だけを求められる社会人が日常的に学歴を考える事が病的である。

 

高学歴なのになぜ人とうまくいかないのか (PHP新書)

高学歴なのになぜ人とうまくいかないのか (PHP新書)

 

学生と社会人を混同している問題

学歴が不要とは決して思わない。実際に学歴の良い方や偏差値的に良い大学に行く生徒は非常に長い時間を勉強に費やして来たのだろう。それにそういう人たちは就職活動において他の学生に比べて採用される確率は高いだろうし、就職した後は会社のホープとして重宝されるかもしれない。

だが、学歴はそこまでではないか?それからは結果や実績が期待されるだけで、使えない奴は首になるだけ。学歴の良し悪しで人を分割するのは学生だけ、社会は仕事が出来る出来ないで人を分割する。それでも学歴に固執する社会人や保護者は話していて多いと思う。

学生にはどう指導するか?

生徒へ学歴についてどう伝えるかだが、意外と難しいし正直わからない(知っている人がいれば教えて欲しい)。毎回言うのは学歴は1つのファクター、それ以上に結果(学歴)はいいから(勉強する)過程や努力を大事にする事

良い学校に行くために一生懸命勉強するのは個人的には良いと思う。動機はどうであれ生涯の中で一心不乱に勉強する時間は必要だと考える、何故ならメリットが多く存在するから。忍耐力の育成、表現能力の向上、多面的に考える力、視野の拡張などなど。

だが良い学校に行く為だけに嫌いな勉強をするのは苦痛以外の何物でもないから、このように考える学生が居たら勉強を一度止めた方がいい。だって進学先でも勉強するんだよ?心が折れるよ?

なら自分の好きな事は何かを探す方がよっぽど価値がある(それは勉強以外でも趣味でもいい)。それでも自分のやりたい事が無いって人は勉強しろって言う。ただ漫然と学生の僅かな時間を過ごすのは勿体ない、であれば今のうちに勉強して問題を認識する力や解決する力を大事に育てて将来の選択肢を増やすべき。

 

10代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

10代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

 

さて、センター試験まであと62日、高校入試まで100日前後。

長い短いは人それぞれですが長くても100日、ここで一生懸命に打ち込めた人は結果がどうであれ自身に繋がるはず

 

長文失礼しました。ここで筆を擱かせていただきます。

私が塾に行かなかった訳(受験のシステムも鑑みる)

f:id:m-h-athene:20161109015639j:plain

塾講師のバイトの収入が良いとか言われているが、実際に高いと思う。1時間1900円のバイトなんて無いでしょう。逆に親御さんは非常に教育に熱心で、だから塾にお金を渡す事にも抵抗が無いのかもしれない。とは言っても塾の平均的な費用が3万~5万である以上家計的インパクトは大きいだろうが…

かく言う私は塾に行ったことが無い。

私の家が特殊かどうかは知らないが、兄弟そろって学生時代塾には行かなかった。家が貧乏とかでは無かったが、塾に行かなかった理由は2点あった。

母親の学校への信頼感、現在は?

母親の口癖で「公立小学校、中学校でも特別な学校を受験しない限り塾なんて行かなくて良い」が記憶に鮮明に残っている。母とは約30年歳が離れているが、母の幼少期は塾に通う方が少数だったようだ。(まあ母親も自分の子供を名立たる大学に進学させようなんて気が無かったのはよく知っている)

 

だが今は事情が違う。大学に行く事が目標ではなく難関大学に進学する事が目的になっている。そして難関大学はここ数十年で難化しており、平均レベルの学生が学校の授業だけでは到底受からない域まで行っている。

 

具体的な問題は権利の問題で書けないが、以前化学の問題でマルコフニコフ則が入試問題で出題されていたが私はこれを問題視している。(文系は無視して構わないです)

 

それは教科書にマルコフニコフ則が載っていない(数研出版記載ありとのこと)。

でも出題者はそれを承知で出題しているのだから 

(難関の)高校や塾、予備校でやったでしょ?

程度の認識なのでしょう(あくまで私の推測ですが)

じゃあ知らない受験生は如何するの?

 

理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録

理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録

 

 

塾に行きたくなかった

理由に戻るがこれは私の理由。別に(偏差値的に)良い高校や大学には行きたいとも思わなかったし、学校に加えて塾まで行って勉強させられるなんて勘弁して欲しかった。

 

何故か現在塾講師の職に就いているが、自分の生徒が特にやる気も無く講師のありがたい(嫌味)お話を退屈そうに聞いているのを見ていると、親が不憫でならない。

やる気スイッチなんて知らん 

某塾のCMを否定しているように見えるが、こと私についてそんなことが出来るなら苦労はしない。塾に行ってやる気が出るなんて片腹痛い。逆じゃない?やる気をアピールしてから教えてもらうんでしょ?(実際に成績が上がる生徒は普通こうする)

 

今の受験システムや出題傾向は変えられないから、塾や予備校のプロに頼んで対策をするのは理解できる。でも塾に行ってやる気を引き出して欲しいならその分の対価は払って欲しいと教えながらつくづく思う。

 

長文失礼しました。ここで筆を擱かせていただきます。

常駐勤務の違法性

以前地元のSIerでCE(カスタマーエンジニア)としてアルバイトをしていた時に常駐という単語をよく耳にしたが、来年からSEとして正社員になる私にとってはデスマーチの足音にしか感じない。

常駐とは?

SE特有の働き方かもしれないが、正社員でも契約社員の様な働き方をする事がありその代表とされるものが客先常駐である。

 

客先常駐とは...

顧客の事業所に勤務して業務を行うこと。IT業界では、情報システムの開発・運用などを受注した企業の従業員が、発注元企業のオフィスに常駐して業務を行う客先常駐がよく行われる。


大事な事なのでもう1度書くが正社員が人材派遣される形になる。

うちの会社人材派遣の免許無かったよ?

 

人事担当の人に常駐の話を聞いたらこんな感じ↓

 

私「免許無しで常駐とかOKなん?」

人事担当「限りなく黒に近いグレー

 

ダメじゃん...

話は続いて客先常駐を正当化しようとしていたのが驚き。

 

人事担当「例えば顧客と契約を結び自社のスタッフが開発を担当するが、開発の際に資料やデータを外部に持ち出しが出来ないから顧客の職場で業務を行うだけ」

 

なんという詭弁。

常駐でボロボロの社員

 

実際に常駐を解除されて帰ってきたスタッフの話を聞くとえげつない。

 

顧客の依頼を引き受けた某大手企業の下請けで常駐していたらしいが...

・ボロいプロジェクトルームと設備(顧客が費用を出すため仕方ないが)

・自社の仕事が出来ない(1人あたり稼働100%で寄こせという案件だった)

・ソフトのダウンロードやアクセスが出来ない(セキュリティがっちがち)

・金属探知や私物持ち込みは不可。勿論持ち出しも駄目。

・残業代出ない(残業をしたという証拠を残せない)

etc...

聞いてるコッチが辛くなるような話ばかりで、聞く処によると結局常駐した人も自社を辞めてしまったらしい。

常駐なんて止めてくれ

 

新卒で入社する以上自分の会社に対しては愛着とか貢献したい気持ちはあるが、常駐して他社の人から言われたとおりに仕事して楽しいのだろうか。寧ろ経営者が常駐案件を拒否して社員の育成や自社の案件に専念させる方が将来的には有益に感じる。

 

長文失礼しました。ここで筆を擱かせていただきます。

結婚を真剣に考える

f:id:m-h-athene:20161105031002j:plain

同じ大学に通っている同期がご結婚されたと聞いて、正直に動揺している。(勿論お会いしたら本気でお祝いするつもりだ)

最近のニュースとかで「結婚しない男性が急増」とか流れているが今回は若い男性が結婚しない(決して出来ないではない)理由を真剣に考えてみる。

自分の経済力の無さ

自分もそうだが20代はこれが大きい。女性が男性に求める結婚の条件の1位が「経済力」となっている以上俺駄目だぁってなる。だから今から働いて貯金しようって健気なプロレタリアートになるのかも...

1人の時間を謳歌したい 

結婚する前の自分だけの時間って大事だと思う。誰かのためではなく自分に投資する(例えば読書とか仕事とか)時間は結婚したら確保できないかもしれない。

生涯の伴侶とは思えない

大学を卒業する22歳の人が作った人脈って本当に狭いと思う。所詮学校やアルバイト先くらいしか他人を知るという機会は少ない気がする。その中から自分と本当に会う人がいるかどうかわからない。(決して早く結婚する人を否定しているのではないし寧ろ羨ましい)

そもそも相手がいない

自分で記事を書いていて泣きたくなるが、一番はこれだろう。以上