猜疑的なミカタ

何気ない日常をもう一度見つめ直す日記

常駐勤務の違法性

以前地元のSIerでCE(カスタマーエンジニア)としてアルバイトをしていた時に常駐という単語をよく耳にしたが、来年からSEとして正社員になる私にとってはデスマーチの足音にしか感じない。

常駐とは?

SE特有の働き方かもしれないが、正社員でも契約社員の様な働き方をする事がありその代表とされるものが客先常駐である。

 

客先常駐とは...

顧客の事業所に勤務して業務を行うこと。IT業界では、情報システムの開発・運用などを受注した企業の従業員が、発注元企業のオフィスに常駐して業務を行う客先常駐がよく行われる。


大事な事なのでもう1度書くが正社員が人材派遣される形になる。

うちの会社人材派遣の免許無かったよ?

 

人事担当の人に常駐の話を聞いたらこんな感じ↓

 

私「免許無しで常駐とかOKなん?」

人事担当「限りなく黒に近いグレー

 

ダメじゃん...

話は続いて客先常駐を正当化しようとしていたのが驚き。

 

人事担当「例えば顧客と契約を結び自社のスタッフが開発を担当するが、開発の際に資料やデータを外部に持ち出しが出来ないから顧客の職場で業務を行うだけ」

 

なんという詭弁。

常駐でボロボロの社員

 

実際に常駐を解除されて帰ってきたスタッフの話を聞くとえげつない。

 

顧客の依頼を引き受けた某大手企業の下請けで常駐していたらしいが...

・ボロいプロジェクトルームと設備(顧客が費用を出すため仕方ないが)

・自社の仕事が出来ない(1人あたり稼働100%で寄こせという案件だった)

・ソフトのダウンロードやアクセスが出来ない(セキュリティがっちがち)

・金属探知や私物持ち込みは不可。勿論持ち出しも駄目。

・残業代出ない(残業をしたという証拠を残せない)

etc...

聞いてるコッチが辛くなるような話ばかりで、聞く処によると結局常駐した人も自社を辞めてしまったらしい。

常駐なんて止めてくれ

 

新卒で入社する以上自分の会社に対しては愛着とか貢献したい気持ちはあるが、常駐して他社の人から言われたとおりに仕事して楽しいのだろうか。寧ろ経営者が常駐案件を拒否して社員の育成や自社の案件に専念させる方が将来的には有益に感じる。

 

長文失礼しました。ここで筆を擱かせていただきます。